パラレル変換ボックス BLG-IF2

主な特徴

●BLG-BC2をPLCなどと接続する際の通信方式を、シリアルからパラレルに変換するボックスです。
●BLG-BC2の設定値(ネジ締め本数や回転パルス数など)を最大4パターン保持でき、PLCでパターンを切り替えることが可能です。
※外部入出力専用ケーブルを別途ご購入下さい。

作業イメージ

作業イメージ
パラレル変換ボックス BLG-IF2

仕様

質量

寸法(mm)

添付品

対応ドライバー

  • BLG-BC2シリーズ

  • 185g
  • 95×75×20 mm
  • D-SUB9ピンコネクターオス、26ピンケーブル片側コネクター付き、CD-ROM
  • BLG-4000BC2/BLG-4000BC2-LT/BLG-5000BC2/BLG-5000BC2-15/BLG-5000BC2-18/BLG-5000BC2-HT/BLG-7000BC2

26ピンコネクターの接続内容

下記外部からの信号入力操作については、必ずドライバーを停止状態で行ってください。

ピン番号 信号名 内容 条件
(IN)入力 1 Panel Operation BLG-BC2 F1, 2, 3スイッチの操作Lock/Unlock(設定変更の誤操作を防ぎます。) ON→ 操作禁止
2 Lever Operation スタートレバーの操作ON/OFF(必要な時だけ動作可能にします。) ON→ 操作禁止
3 Work Sensor ワークセンサーのON/OFFと連動でドライバー の動作ON/OFFを連動します。 ON→ 操作可
23 Select1 BC2用の設定値を外部から変更が可能です。(切替えは 『■接続及び結線』参照) 設定切替え
24 Select2
(OUT)出力 7 Start スタート信号 オープン コレクター出力35V/100mAまで対応
8 T.UP Finish信号(トルクアップ)
9 PASS 合格信号(エラー検出なし)
10 Fail エラー信号(エラー検出あり)
11 COMP 完了信号(設定締結本数の締結完了)
15 GND GROUND
(RS-232C) BLG 17 RXD D-SUB9Pの3番端子へ配線 D-SUB9P添付
18 TXD D-SUB9Pの2番端子へ配線
19 GND D-SUB9Pの5番端子へ配線
(RS-232C) PC 20 GND D-SUB9Pの5番端子へ配線 添付無し
21 RXD D-SUB9Pの2番端子へ配線
22 TXD D-SUB9Pの3番端子へ配線
外部入力 電源 25 +Vcc 8~28V
26 ーVcc 電源コモン
※注意:全接続を行った状態で電源を ON にしてください。電源 ON 後の接続は誤動作する場合がございます。外部入力で操作する場合は、必ずドライバーを停止状態で操作してください。

接続及び結線

PLC 等外部装置との接続(使用条件によっては、必要に応じてCOMと接続してください)

接続及び結線

BC2(熟練工)の設定値切替え(外部より入力)

ピン番号 1チャンネル 2チャンネル 3チャンネル 4チャンネル
23 OFF ON OFF ON
24 OFF OFF ON ON