ハイオスクローバー®PAT.

主な特徴

各種ダウンロード

安定性に優れた3枚羽根の広い扇型が特長のハイオスクローバーねじは、嵌合性に優れ、カムアウトを防止して高精度な締結を発揮します。
ねじリセスは、ビットを素早くねじ中心部に誘導する傾斜ガイド付きで、作業性の良い設計です。また従来では難しいとされる自動化に絶大な効果を発揮します。

従来品との形状比較

ハイオスクローバー®PAT.

HIOSCLOVER
ビット先端部:ストレート
締結時にビットが浮き上がりにくい形状
HIOSCLOVER
羽根幅(n)が広く、さらに先端部のストレート設計により回転力を加えると抱え込むように力が内向きに作用する為、カムアウトを防止して締め付け力が増す。
HIOSCLOVER
  • 駆動面にかかる力が小さい為、ネジ頭が崩れにくい。
  • 回転力を加えてもビットが浮き上がらないので、推力を低減でき、カムアウトを防止する。
  • 単位面積当たり駆動面が小さいので、ビットの摩耗を低減する。
  • ビットとネジの嵌合性に優れ、安定した締結を実現する。

他社製品

HIOSCLOVER
テーパー状:テーパー
締結時にビットが浮き上がりやすい。
HIOSCLOVER
羽根幅(n)が狭く、さらに先端部のテーパー設計により回転力を加えると力が上向きに作用する為、カムアウトしやすく締め付け力が低下する。
HIOSCLOVER
  • 駆動面にかかる力が大きい為、ネジ頭が崩れやすい。
  • 回転力を加えるとビットが浮き上がりやすいので、推力を加えて浮き上がりを防止する必要がある。
  • 単位面積当たり駆動面が大きいので、ビットの摩耗が激しい。
  • ビットとネジの嵌合が悪く、ふらつきやすいので仕損じが多く発生する。
ハイオスクローバー
規格表

精密 No.0
薄平(高さ0.5)

精密 No.0
薄平(高さ0.5)
呼び径(M) M1.4 M1.6 M1.7 M2.0
クローバーm寸 (1.00) ♯0 ♯0 ♯0
頭部径 Φ (dk) 3.0 3.5 3.5 4.0 3.5 4.0 4.5 4.0 4.5 5.0
公差 +0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
+0.05
-0.20
頭部高さ (K) 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.5 0.6 0.6 0.6
公差 +0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
+0.05
-0.05
Q寸法 0.74-0.51 0.74-0.51 0.84-0.56 0.84-0.56 0.89-0.61 0.89-0.61 0.89-0.61 1.21-0.91 1.21-0.91 1.21-0.91
首下補強部 (φda) (1.80) (1.80) (2.00) (2.00) (2.10) (2.10) (2.10) (2.60) (2.60) (2.60)

ナベ頭

ナベ頭
呼び径 M2 M2.3 M2.5 M2.6 M3 M3.5 M4 M5 M6
クローバー(m寸) (1.9) (1.9) (2.3) (2.3) (3.5) (3.8) (4.1) (4.5) (5.0)
頭部径Φ(dk) 3.5 4.0 4.5 4.5 5.5 6.0 7.0 9.0 10.5
頭部公差 +0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.7
頭部高さ(K) 1.3 1.5 1.7 1.7 2.0 2.3 2.6 3.3 3.9
高さ公差 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.2
Q寸法 1.40-1.10 1.40-1.10 1.70-1.30 1.70-1.30 1.80-1.40 2.1-1.70 2.50-2.00 2.73-2.14 2.86-2.26

バインド頭

バインド頭
呼び径 M2 M2.3 M2.5 M2.6 M3 M3.5 M4 M5 M6
クローバー(m寸) (1.9) (1.9) (2.3) (2.3) (3.5) (3.8) (4.1) (4.5) (5.0)
頭部径Φ(dk) 3.5 4.0 4.5 4.5 5.5 6.0 7.0 9.0 10.5
頭部公差 +0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.7
頭部高さ(K) 1.3 1.5 1.7 1.7 2.0 2.3 2.6 3.3 3.9
高さ公差 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.2
Q寸法 1.40-1.10 1.40-1.10 1.70-1.30 1.70-1.30 1.80-1.40 2.1-1.70 2.50-2.00 2.73-2.14 2.86-2.26

トラス頭

トラス頭
呼び径 M2 M2.3 M2.5 M2.6 M3 M3.5 M4 M5 M6
クローバー(m寸) (2.2) (2.3) (2.3) (2.3) (3.5) (3.8) (4.1) (4.5) (5.0)
頭部径Φ(dk) 4.5 5.2 5.7 5.9 6.9 8.1 9.4 11.8 14.0
頭部公差 +0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.6
+0
-0.7
頭部高さ(K) 1.2 1.4 1.5 1.6 1.9 2.2 2.5 3.1 3.7
高さ公差 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.1 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.15 ±0.2
Q寸法 1.01-0.65 1.21-0.85 1.32-0.95 1.42-1.05 1.72-1.34 1.83-1.30 2.13-1.60 2.83-2.29 2.86-2.31

皿頭

皿頭
呼び径(M) M2 M2.3 M2.5 M2.6 M3 M3.5 M4 M5 M6
クローバー(m寸) (2.2) (2.3) (2.3) (2.3) (3.5) (3.8) (4.1) (4.5) (5.0)
頭部径Φ(dk) 4.0 4.6 5.0 5.2 6.0 7.0 8.0 10.0 12.0
頭部公差 +0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.4
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.5
+0
-0.6
+0
-0.7
頭部高さ(K) 1.2 1.35 1.45 1.5 1.8 2.0 2.3 2.8 3.4
高さ公差 +0
-0.2
+0
-0.2
+0
-0.2
+0
-0.2
+0
-0.3
+0
-0.3
+0
-0.3
+0
-0.3
+0
-0.4
Q寸法 1.40-1.10 1.40-1.10 1.50-1.20 1.50-1.20 1.80-1.40 2.1-1.70 2.50-2.00 2.73-2.14 2.86-2.26
ハイオスクローバー用ビット
M4.0〈#0〉~4.0
規格表

H4

シャンク形状
(ドライバー挿し込口)
使 用 明 細 全 長
クローバー穴番号 先端径(d) 先端部長さ(l)
H4
ハイオスドライバー用
1.4~2.0 1.5 20 40, 60
1.7 20 40, 60, 80
2 20 40, 60, 80
2.6 (2.5) 2.5 20 60, 80, 100
3 3.6 20 60, 80, 100

H5

シャンク形状
(ドライバー挿し込口)
使 用 明 細 全 長
クローバー穴番号 先端径(d) 先端部長さ(l)
H5
ハイオスドライバー用
3 3.6 20 60

5HEX

シャンク形状
(ドライバー挿し込口)
使 用 明 細 全 長
クローバー穴番号 先端径(d) 先端部長さ(l)
5HEX
(対辺5㎜六角)
3 3.6 20 75
4 4.1 20 100

1/4HEX

シャンク形状
(ドライバー挿し込口)
使 用 明 細 全 長
クローバー穴番号 先端径(d) 先端部長さ(l)
1/4HEX
(対辺6.35㎜六角)
4 4.5 20 75, 100

ご注文の手引き

例、シャンク形状ハイオスシャンクφ4mm、クローバー穴番号M2.0、全長60mmのクローバービットをご注文の場合、品番はTHS4-Y20-60となります。
  • ※在庫状況は都度お問い合わせ下さい。
  • ※上記にない仕様も製作可能です。
  • ※頭部が薄いトツプラねじの場合、トツプラ十字穴番号が通常使用するものより小さい場合がございますのでビットをお求めの際は弊社まで品番をお問い合わせください。
  • ※シャンク形状は上記H4, H5, 5HEX, 1/4HEX以外にもDカット(半月)タイプや自動機用タイプ、ねじの食いつき防止タイプなども製作可能です。
  • ※弊社では協力会社2社に生産を依頼しており、品番コード最後にあるL寸の後ろにKをつけるかつけないかで分けております。例、A社:THS4-Y20-60, B社:THS4-Y20-60K
どちらも十字部及びシャンク部寸法、硬度等は同じですが、スケール(鉄鋼の熱処理の際に表面に生じる黒い強固な被膜<黒錆>)を除去する処理方法が異なる為、色味や光沢が異なることがございます。 特にお客様からのご指定がない場合、2種類のうちどちらを出荷するかは在庫状況により判断させていただきますのでご了承ください。